スマホを使って簡単節電。使用電力も一目でわかるスマートタップ「Wyze Plug」

Digital

現在皆さんのお家にはコンセントに繋がれている機器はどれほどあるでしょうか?

テレビに、照明に、パソコンに、各モバイル機器への充電アダプターや、空気清浄機やら…etcと数えだすと、こんなにあったのか、と驚くほどかもしれません。

節電しようとすると、使わないときはそれらのコードを抜くか、またはスイッチ付きのタップでoffにしたりすると思いますが毎回だと結構面倒ですよね。

そんな、貴重な時間をスイッチoffにするために使う時代は終わりにしてくれる「Wyze Plug」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

電力の使用が目に見える、コンセント

こちらの「Wyze Plug」では、専用のモバイルアプリと連動させることで、外からでもどの接続されていている機器の電力監視、制御ができます。

つまり、外出先で、「あ、電気切るの忘れてた」というのも、スマホでスイスイとoffにすることができるので、いちいち電気を切りに帰ったり、コンセントから抜く時間は今後不必要になります。

あらかじめに、部屋ごとの設定や、接続機器ごとの設定などをしていれば、1つ1つスイッチを切る必要なく、この部屋全部offであったり、この機器はoffみたいな使い方もできるので、より手間が省けます。

さらに、どの機器が何時間使用しているのかということもスマホで確認することができるので、節約にも一役買いそうです。

もちろん、夏場や冬場の「うっかりエアコン入れっぱなし問題」というのも回避できるので、もしも旅行に出る時に電源を切り忘れて高額請求というのは今後一切なくなります。

スマホで使用時間や電力使用量簡単に確認できるので、「Wyze Plug」を取り付けているだけで自分のライフスタイルの見直しにもつながりそうです。

スイッチon/offを自動に

さらに「Wyze plug」では、スケジュールアプリと同期することもできます。

細かく設定すれば、ある時間にある機器に接続されている「Wyze Plug」のスイッチをonに、またその逆が可能なので、

朝の何時になったら、部屋の電気類と、コーヒーメーカーとスピーカーなどをonにして、忙しい朝を快適に。

そして、出勤など外出する時間になれば、すべてのスイッチをoffにする。

そんなスマートな生活が送れるようになります。

これで、朝にバタバタと電気をつけて、出るときに、スイッチを切るのに慌てることなく、余裕を持って外出することができますね。

こんな応用的な使い方も

もちろん、今となっては当たり前のようになった「声」での操作も可能です。

AlexaやGoogle Assistantなどと接続ができるので、「〜の電源入れて」で部屋中の電気機器のスイッチを入れることも可能です。

わざわざ立ち上がって、コンセントに向かうことなく機器に電気を入れることができます。

さらに面白い機能として、ランダムに部屋の照明のon/offをしてくれる「バケーションモード」というのがあり、

外出中でも、まるで人がいるかのように自動で電源を管理してくれるので、セキュリティ面でも使えるかもしれません。

電気は現在なくてはならない大切なエネルギーですが、自分がどの家電にどれくらい電力を使っているのか知らない人が大半だと思います。

節電にもなってさらに今まで以上に生活も便利になる。

そんな「Wyze Plug」で、便利で新しい節電生活を楽しんでみませんか?

Wyze Plug (2-pack)
Switches are a thing of the <span id="btnLaunch" class="80pluglink" style="font-size:16px!important;cursor:pointer!important;"&...

コメント

タイトルとURLをコピーしました