夏には心地よく、冬は加湿を。スマートでエコな「Evapolar」

Digital

家でエアコンを使っている時間はどれくらいでしょうか?

日本の夏は湿度も温度も高く、快適とは程遠いので、できれば使いたくないという方であっても、使わざるを得ないでしょう。

さらに、冬にはぐっと冷えてしまい、家に帰ってきたらすぐ部屋を温めるためにエアコンを使うでしょう。

そんなこんなで、結局一年中エアコンを使うことになりますが、それだと電気代に悩まされますよね。

しかも、部屋の環境は温度だけでなく湿度も関係してくるので場合によっては加湿器を同時に使うことも。

そしてそこまでしても部屋の環境に満足できない方も居るでしょう。

そこで、あまり電気代をかけなくても快適な部屋を作りたい方には今回紹介する「Evapolar」がぴったりだと思います。

ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

部屋ではなく、人を快適に

今回紹介する「Evapolar」は、部屋を快適にするのではなく、『あなた』を快適にするようになっています。

つまり、一人用エアコンのような扱いとなっています。

見た目にも気を使ってデザインされており、可愛く、小さくまとめられています。

見た目は可愛いですが、機能は本物です。

夏場に涼しい風を送ることで、体感15度まで下げることが可能となっております。

しかも、その風は自然風のように、心地よく、さらにフィルターを通しての風なので、チリやゴミなども除去されています。

夏はこのように、涼しく心地良くしてくれます。

一方で、冬は風を送るのではなく、加湿器として機能します。

日本の冬は乾燥がひどく、実際の温度よりも乾燥によって体感温度はより寒く感じるようです。

さらに、乾燥していると風邪やその他の感染症にかかりやすくもなります。

そのため、部屋の湿度を上げることで、体感的にも快適にもなり、風邪などの病気の感染を未然に防ぐのにもつながります。

見た目にも可愛く、スマートでありながら、夏にも冬にも使える小型ポータブルエアコンのようなものです。

ただし注意してほしいのは冬場にはエアコンのように温風を送ることができるわけではないという点です。

なのでこの商品は夏に本領を発揮しますが、冬には加湿器としての役割もこなすことができるので別で加湿器を買う必要がないと考えるべきでしょう。

3つのサイズで最適なものを

こちらの「Evapolar」シリーズには、3つのバージョンが展開されています。

種類に応じて追加機能があるので、使い方で選んでみてはいかがでしょうか。


小さなサイズに基本性能「evaCHILL」

ベッドサイドテーブルにもぴったり収まるサイズのこちらは、サイズとしては小さくコンパクトですが、基本の性能はしっかりと備わっており、通常使用ではこちらで十分かと思います。

中サイズで、水タンクを取り外せる「evaLIGHT」

「evaCHILL」より一回り大きいサイズの「evaLIGHT」は追加機能としては、加湿器用の水タンクを取り外すことができるということです。

あまり大幅な機能の追加ではありませんが、「evaCHEILL」のサイズでは満足できない方はこちらの中サイズをお求めてになられてはいかがでしょうか?

大きめサイズでアプリからの遠隔操作や、スマート家電として統合できる「evaSMART」

こちらの「evaSMART」はサイズが大きいですが、その分機能は大きく追加されています。

「evaSMART」の追加機能は「evaCHEILL」の機能に加えて、スマートフォンで遠隔操作することが可能となり、最近展開されつつあるスマート家電の仲間入りを果たしております。

これにより、家にいなくとも、あらかじめ部屋の加湿や送風機能を制御でき、ちょうどよい空間を作り出すことができます。

この「Evapolar」シリーズはサイズの違いや追加機能の違いはあれども、どれも電力の使用を抑え、エコで、快適な生活にもってこいです。

空調設備系は見た目が無骨なことが多いですが、こちらは爽やかなLED電飾がついており、見た目にも涼しげです。

夏には涼しい風を送り、冬には加湿機能として、湿った空気を送ってくれ、年中使えるプロダクトとなっております。

ぜひぜひ、部屋ではなくそれぞれ個人を対象とした「Evapolar」シリーズを検討してみはいかがでしょうか?



Evapolar - Personal Cooling Solutions. Create your own personal microclimate
Evapolar manufactures innovative personal evaporative air conditioners and coolers.


Digital
スポンサーリンク
Funny Furniture

コメント

タイトルとURLをコピーしました