アイデア次第でなんでもスマート家電に変えるIotスイッチ「Smartains」

Digital

昨今、なんでもかんでもスマートフォンで家電を操作することができるようになってきていますね。

家電にIot技術が組み込まれたIot家電。例えば、エアコンをスマホで操作したり、例えば、テレビをスマホで。例えば、電気類をスマホで操作したり。冷蔵庫をスマホで。

様々な家電をスマホで操作することが可能となってきていますね。家中の家電はスマホで操作できるようになり、ますます便利な生活ができるようになるでしょう。

確かに便利です。が、今まで愛用するIot機能がない家電たちは、残念ながらスマホでは操作不可です。当たり前ですね。

もちろん、そうなんですけどね。ですけど、全部の家電をなんとかスマホで操作したいじゃないですか。

そこで、今回ご紹介するのは、スイッチがついているものは、なんでもかんでもIot化してくれるそんな便利デバイス「Smartains」です。

スポンサーリンク

どんなスイッチにでもIot化

上の写真のように、古い電気スタンドのスイッチにくっついているのが「Smartains」です。

このような電気スタンドは、現状のままですと、当たり前ですがスマホでは操作できませんね。

しかし、「Smartains」があれば、スマホからの信号を受け取り、スイッチ部分をカチリとon/offの切り替えをしてくれます。

電気スタンド以外にも、こんなポットでもセッティングさえしっかりとすれば、遠隔で電源をオンにすることができます。

朝にベッドから出ずに、暖かい水を作ることができますね。

冬になるとベッドから出るのが億劫ですよね。体が冷えきり、ベッドから出るまでに時間がかかる方も多いでしょう。

あらかじめ寝る前にポットに水を貯めておき、朝起きてスマホでスイッチオン。

しかも、今までのポットでかまわないので、新しく買い換えるなんてことをしなくてもいいので、エコですね。

その他にも、あなたのアイデア次第でどんな家電も家財道具もIot化できます

こちらの可動部は様々な動きに対応していますので、いろんなものに利用できます。

この可動部品に加えて、さまざまな部品とアイデアを組み合わせることで、スイッチが付いているもの以外にもどんなものでもIot化できます。

例えば、、、

このように、糸巻き部品を組み込むと、カーテンをIot化できます。

朝日を浴びるのに自力でカーテンをあげる必要性はありません。

スマホのスイッチをぽちっと押すだけで糸巻きがカーテンを巻き上げてくれます。

これら以外にも、さまざまなギミックを作り出すことができる部品たちがあります。

これを利用し、自分で欲しい機能をつくっていくのもおもしろいですよね。

工作好きのガジェット好きにはたまらないでしょう。

ボタンを押すための部品だけでもこれだけあり、糸を巻き取るものもしっかりと数が揃っているので、

あなたの想像する機能をもつIot家電を作り出すことができそうですね。

ぜひ、あなただけのIot機器を作り出してみてください!

スマホで操作すらしなくてもOK

他のIot機器と同じく、こちらはスマホでの操作で起動させるのですが、毎回同じことをさせるのであったり、この時間に勝手に起動してほしいという時には、時間設定をしておけば、その時間に勝手に起動してくれます

朝の6時にカーテンを巻き取るように設定していれば、朝になれば勝手にカーテンが開き、朝日が部屋に差し込み、爽やかな朝を迎えることができます。

または、自分がこの場所にきたら起動してほしいという機器があれば、それも設定可能です。

家の近くにきたら、電気のスイッチオン!みたいなことができます。

今更、家電を買い替えてより便利させるっていうのは少し面倒ですし、お金もかかります。

または、Iotとか関係なく、愛着があってつかっているものあるでしょう。

だったら、「Smartains」を使用してみましょう!

あなたのアイデアと工作技能が必要としますが、どのような家電であろうとも、Iot化してくれます。

これで、皆さんのお部屋を最新機能にアップデートしてみましょう!

Smartians, smarten up the things you love — FROLIC studio | Strategic Product Design & Development
Meet the Smartians Why replace your things just because they’re not state-of-the-art? Smartians are cloud-connected motors that breathe new life into the thing...
Digital
スポンサーリンク
Funny Furniture

コメント

タイトルとURLをコピーしました