リモートワークの不満解消。自宅で仕事に集中できる空間を作るアイテム5選

Furniture

学生だけでなく、サラリーマンの方々も出勤を自粛要請され、家でのリモートワークへと切り替え始めた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

これまで、主に働く場所がオフィスだった方の中には、なかなか家での仕事になれず、ついつい集中力が欠け、仕事以外のことをしてしまう。なんてことにも。

家で仕事って聞こえはいいですが、その実、プライベートの空間で自分の中で気持ちを切り替え、集中しないといけないので、難しいものです。

今回は、そんな今ある不満を少しでも早く解消できるようなものから、これを期に新たに作業部屋を作りたい方まで様々な方向けにご紹介していきます。


スポンサーリンク

机の上に仕切りを作り、集中スペースを手軽に製作

一人暮らしでテーブルは一つ。ご飯を食べるのにも、ゲームや、友人と遊ぶのにも同じテーブル。

そんな方はテーブルの周りに普段から仕事をするには邪魔になるものがたくさんあるのではないかと思います。

テーブルの前にはTVがあったり、ゲーム機がチラリとこちらを覗いていたりと、仕事に集中しようとしても邪魔なものが目に映ってしまいますよね。

そんな環境で仕事に集中したくともなかなかできない、という方にこちらはおすすめです。

いつも使っているテーブルを個室スペースのように間仕切りをというのが、こちらのグッズです。

こちらを机の上に立てかけると、周りの空間から簡易的ではありますが遮断され、自分と向かわなければいけない仕事空間にすることができます。

さらに、書類や、スマホ、電卓などの小物を収納するスペースもあるため、この間仕切りを立てかけた瞬間からあなただけのオフィスへと変身させることができます。

こちらの間仕切りは、不必要の際に、ファイルケースと同じ大きさにまでたたむことができます。そのため、仕事が終われば、コンパクトにしまえて邪魔にならないのもgoodなポイントです。

サイズは横がSサイズMサイズ、Mと横幅は同じで、両サイドの仕切り部分が倍の長さのLサイズと3サイズ展開で、今使っているテーブルの大きさに合わせて選べます。

家でのみならず、実際のオフィスでも使うことができますので、リモートワーク期間が過ぎても、活躍してくれること間違いなしでしょう。

カウネット 折りたたみ集中ブース M収納付き ※NHK「おはよう日本」、テレビ朝日「お願い!ランキング」で紹介されました※|カウネット
オフィス通販「カウネット」。折りたたみ集中ブース M収納付き ※NHK「おはよう日本」、テレビ朝日「お願い!ランキング」で紹介されました※のページです。視界を遮れ、仕事に集中できる簡易パーティションです。使いたい時だけ手軽に設置でき、使用後はコンパクトに収納できます。法人会員は1,000円以上、個人は1,500円以上の...

ワークスペースを新たに作る方向け!自分をそのまま囲って集中!

先ほどのグッズは机があり、どちらからというと一人暮らしでいつものテーブルをワークスペースにしたいという方向けでした。

今回は、お子さんなどの家族がいらっしゃる、または、作業スペースを今のお部屋のレイアウトの中に作りたいという方向けのグッズです。

こちらの商品は、3サイズのデスクとパーテンションがセットとなっています。

部屋のどこにでも作業空間を作ることができるので、作業をしながら、お子さんの様子を見たい時にはリビングで使うこともできるし、部屋の好きな場所で作業ができるので、集中力が続かない時にも場所を変えてリフレッシュできます。

足の長く、立ちながら使うのに便利なデスクL。

ソファー等で使うのに便利なデスクM。

そして、お子さんなどが利用しやすい小さなデスクSの3つです。

デスクSはクッションを置くことで、デスクから椅子へと大変身します。

そして、それらと自分をくるりと、パーテーションで囲うと誰からも邪魔されないワーキングスペースへと進化します。

さらにこれらは、全て一つに重ねて収納することができるので使わないときには地位いさなスペースに収納することができるので邪魔になることもありません。


それぞれ机やパーティション一つからでも購入できますが、椅子と机のセットとこちらのパーテーションの相性をみると、セットで欲しい商品です。

家族がいらっしゃり、自分のお部屋が持てないお父さんやお母さんには、ぴったりだと思います。

仕事が終わったら、セットをばらし、お子さんに、ソファー用デスクに、台所用デスクなどに用途を分けてあげることもできます。

利用法が一つだけでなく、一切の無駄がないというのも、こちらのグッズのオススメなポイントです。

イトーキテレワーク家具|UBIQ ユビック
テレワーク家具、在宅ワークに、UBIQ(ユビック)。手軽に持ち運べるデスク、「どこでもワークスペース」のデスクはイトーキオンラインショップよりご紹介!在宅勤務をサポート!

普通の棚を鍵の簡易金庫へと変身

家で仕事をしていると、書類などの整理に困ることがでてくるかと思います。

特に、重要書類なんかは、人に触られては大変ですよね。

しかし、家族の方に見られたくないだけ、または仕事のものだから触って欲しくないだけという書類もあるでしょう。

そんな、鍵つきの棚くらいで良いんだという方向けに、こちらの商品はいかがでしょうか?

こちらは、鍵の付いていない棚を鍵つきのものへと簡単にグレードアップしてくれるものです。

使い方は簡単で使いたい棚の内側に、デバイスをネジで止める。または、強力なテープでとめてしまえは設置は終了です。

この作業だけで今までの棚を鍵付きに変えてくれるのですが、すごいのはこれだけではありません。

皆さんが持っているスマホが鍵になるのです。

こちらは鍵穴がないただの棚なので、もちろん、物理的な鍵では開けることはできません。

専用アプリを入れたスマホをデバイスに近づけることで、鍵を開けることができるようになるんです。

さらに、その鍵を開けても良い人にアプリを通じて渡すこともできるので、誰かが開ける必要が生まれても、遠隔で鍵を渡すことも可能です。

鍵が付いている棚ってどうしも気になってしまうもの。

それが、これだとそとからはただの棚でしかないので、そんな気持ちさせることもありません。

そういう意味で、金庫よりもセキュリティー的に安全なのかもしれませんね。

ぜひ、今ある普通の棚に隠れて鍵を設置し、仕事のものだけでなく、見られたくないものをしまってはいかがでしょうか。

机を平面ではなく、上下に利用!「MOFT Z」

家にずっと同じ姿勢でPCを触っていると姿勢も悪くなり腰などを痛めてしまう原因になりがちかと思います。

ということで、作業中の姿勢を改善させる、こちらのグッズをご紹介いたします。


こちらの「MOFT Z」は、角度調整機能があり3パターンの角度へと用途によって変えることができます。

25°の角度にすることで、PC作業が楽になったり、45°だとノートPCに愛用のキーボードを接続した際に見やすい高さになり、60°だと、タブレット利用に適していたり。

これだけでも、様々な利用法が思いつきそうです。自分の一番過ごしやすい姿勢が見つかりそうですね。

それだけでなく、スタンディングモードというものがあります。

近年流行っているスタンディングデスクというものがあります。座っての作業ばかりだと集中が続かないという方が立って作業をするというものです。

机の上に「MOFT Z」をスタンディングモードで設置すると立ちながら作業をするのに十分な高さを作ってくれます。

他にもスタンディングモードは、ローテーブルとしても使うことが可能なので、普段の机以外で作業したい場合にも利用可能です。

残念ながら、高さを上げた状態で角度を変えることはできませんが、仕事をよりしやすい状態にするのには最適かもしれません。

仕事がしやすくなるだけで、家でもモチベーションが下がらず、集中が続くものです。

このようなガジェットでぜひ、リモートワークを楽しく充実したものにしていただきたいです。

リモートワーク時代の革命!極薄・4段階をワンタッチ切替、更に進化したMOFT Z
Makuake|リモートワーク時代の革命!極薄・4段階をワンタッチ切替、更に進化したMOFT Z|Makuake(マクアケ)
2019年登場以来、全世界で10万人超のノートPCやスマホ使用時の悩み改善に貢献してきたMOFTは、この度ノートPCスタンドを大幅にアップグレードした上、持ち運べるスタンディングデスク機能を追加した第3作、MOFT Zを公開致します! MOFT Zとは、4段階の角度調節に進化し、スタンドとスタンディングデスク...


家で仕事をするなら、寝ながらやってもいいんじゃね?


家で仕事をするなら、どんな体勢で仕事しても良いんじゃないか。机の上でやっても問題ないし、ちゃぶ台のようなものの上でもやっても問題ないでしょう。

であれば、寝ながらやっても問題ないのではないんじゃないか?という発想で、こちらのデスク兼チェアーもおまけに紹介いたします。

こちらは、机と椅子とディスプレイなどが一緒になっているものです。

こちらの凄いところは、座っている状態そのままに後ろに倒れてくれることです。

ちょうど、歯医者の椅子や、シャンプー台に置いている椅子をイメージするとわかりやすいかもしれません。

そこに、机とディスプレイもセットで倒れてくれます。

すると、寝転がった状態で、PCを触り仕事が可能です。

書類仕事なんかでは、使えないでしょうが、仕事が全てPC上でならば、こちらの椅子に座り、いや寝転がり、リラックスした状態で仕事を行えます。

問題は、寝転がった状態で仕事をするので、寝落ちをする可能性は高いのと、手に入れようとすると100万以上するということでしょう。

まとめ

家で仕事をするのは、嬉しい反面、面倒なことも多いかと思います。

それでも仕事は日々積まれていきます。少しでもリラックスした空間で、ストレスなく、仕事に向き合いたいものです。

今回ご紹介した家具や、グッズがそのお手伝いをしてくれるかもしれません。今回紹介したもの以外にも、様々な便利グッズや、ちょっとした工夫で日常を豊かにしてくれるアイテムを紹介しています。

是非これを気にご自身の満足するリモートワーク計画をしてみてください。

Furniture Interior
スポンサーリンク
Funny Furniture

コメント

タイトルとURLをコピーしました